インフォメーション

イベント「歌と絹の織りなす日本の真髄」動く伝統工芸美術館@梅若能学院会館

「歌と絹の織りなす日本の真髄」動く伝統工芸美術館のご案内


日本歌曲とのコラボレーション。

錦織作品の展示や演出もございます。

また刺繍や組みひもも同様に展示と演出がございます。

ぜひ日本の伝統を楽しみにお越しください。


開催日時:2014年11月3日(月)

     14時?16時
会場:梅若能学院会館
   東京都中野区東中野2-6-14
チケット:自由席 6,000円

チケットのご購入は下のアドレスからお申込み下さい。

http://peatix.com/event/48494


世代を超えて受け継がれてきた情緒の邂逅に、あなたは、今、魅せられる。


時代を超え、絹を紡ぎ、作られ続けてきた日本の工芸品。世代を超え、日本の心の歌として親しまれ、歌い継がれている日本歌曲。二つの出会いが、時間と空間を融合させ、今に息づく日本文化の真髄を現出させる。

龍村の織物、道明の組紐、紅会の日本刺繍と言った一流の日本工芸品の数々と、加賀清孝をはじめとする日本声楽界の名手のコラボレーションを、当代きってのオペラ演出家、中村敬一が魅せるこのステージをお見逃しなく!


出演 北村さおり(ソプラノ) 武井涼子(ソプラノ)田村由貴絵(メゾ・ソプラノ) 

    加賀清孝(バリトン) 坂東沙羅(日本舞踊) 田中 健(ピアノ)

作品 龍村周<錦の伝統織物作家、株式会社龍村光峯>、有職組紐 道明、日本刺繍 紅会

構成・演出 中村敬一

演奏曲 山田耕筰作曲 「幽韻」 橋本国彦作曲 「舞」 他


総合プロデュース 梅若幸子

協力 佐藤潤一(塚田音楽事務所)


主催 NPO法人 日本伝統文化交流協会 

    「Foster Japanese Songs」 

    「つなぐ文化プロジェクト」

後援 公益財団法人東京二期会


「Foster Japanese Songs」プロジェクトとは

「日本の心の歌を、世界のクラシックへ」

「Foster Japanese Songs」プロジェクトは、「童謡」や「唱歌」、「芸術歌曲」と言った「日本歌曲」の、日本と世界での振興を行っています。「日本歌曲」は、先進諸国にわかりやすい西洋クラシック音楽。その中でも最もポピュラーな声楽という手法を取りながら、詩と日本音階で日本の真髄を一瞬に外国のお客様に伝えることができるため、海外コンサートで取り上げると、聴衆に深い日本への尊敬の念を呼び起こし、また、楽譜は取り合いになるほど人気となります。しかし、残念ながら日本歌曲の海外での演奏機会はまだ少なく、その力は十分活用されているとは言えません。

地球のあちこちで「ふるさと」が歌われる日。世界の歌劇場に日本人歌手が次々と出演し、カーネギーホールのような有名なコンサートホールで日本歌曲が次々と取り上げられる日。そんな日を私たちは目指しています。


「つなぐ文化」プロジェクトとは

世代を超えて織りなされる絹糸が紡ぐ工芸文化は、日本ならではの美しさを時代を超えてうみ出し続けています。

数百年以上にも渡る伝統に支えられた絹糸文化を、たやすことなく、時代を超えてつないでいくためには何をするべきか?「つなぐ文化プロジェクト」はそんな問題意識を持った、工芸品に携わるメンバーが結集して作られました。絹糸の文化を今に、次代につなぎ、日本の真髄を伝え続ける。そのためにできることを一つ一つ丁寧に実施しています。


  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ