龍村光峯の錦織作品紹介

代表作一覧

代表作
氷竹文 ひょうちくもん

氷竹文 ひょうちくもん
氷竹文 ひょうちくもん

氷竹文は、またの名を氷裂文とも云い、氷や竹にその形状が似ていることからこう呼び慣わされ、古来中国では、家具、什器、建築等に広く用いられた吉祥文様である。

東洋では、希有なその幾何学的造形から城郭の石塁建築などにはしばしば用いられていたのであろうが、一説には彼の小堀遠州の厳しい美意識に触れて、桂離宮古書院御輿寄中坪の大延段、いはゆる「名高き遠州好みの真の飛び石」のヒントの一つになったといわれている。遠州あるいは、その流れを汲む者に「真」と捉えられ高められたその美を「現代的」と感ずる美意識で、錦上に織組織により質感の変化を与えて表現しようとしたのがこの錦である。

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ