龍村光峯の錦織作品紹介

代表作一覧

代表作
彩綾孔雀文 さいりょうくじゃくもん

彩綾孔雀文 さいりょうくじゃくもん
彩綾孔雀文 さいりょうくじゃくもん

龍が昇天する。一天にわかにかき曇り、雷鳴が轟き、激しい嵐が巻き起こる。もの皆すべてが吹き飛ばされ、空気が一変する。

嵐の後、わづかに湿気を含んださわやかな風が吹き、雨上がりの澄んだ青空に、光を浴びて、虹色に輝きながら舞い落ちてくるものがある。あたかも孔雀の羽根のようだ。

遠い古代中国から時空を越えて現れた吉祥の印。それは青銅器の断片であった。殷の工人が精魂を込めて鋳造した青銅器。その力強い龍の略形の文様を眺めるうちに幻のように浮かんだイメージである。

龍村光峯

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ