龍村光峯の錦織作品紹介

代表作一覧

代表作
東宮御所納入タペストリー「瀬戸のうちうみ」 せとのうちうみ

東宮御所納入タペストリー「瀬戸のうちうみ」 せとのうちうみ
東宮御所納入タペストリー「瀬戸のうちうみ」 せとのうちうみ

本裂の文様の本歌は、平安朝の王朝文化を彩った歌人たちの歌集の背景として、雲母刷の和紙に描かれ、文様化されたいわゆる歌集波である。

 洗練され、流麗でのびやかな線は、そのきめに、かな文字で書かれた和歌とともに和の文化の精華を謳うものである。

 瀬戸内の船上にあって、大海の律動に心地良く酔いつつ、光と戯れ、千変万化する波頭の彩りに目を奪われていると、平安の貴人達の忘我の歌境に誘われる気がする。手機の機音の韻律にそんな気韻を踏んで織り上げんとしたのがこの錦である。

龍村光峯述

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ