龍村光峯の錦織作品紹介

代表製作記念品一覧

代表製作記念品
中国新聞社百周年記念品「天風翠松文錦袱紗」

中国新聞社百周年記念品「天風翠松文錦袱紗」
中国新聞社百周年記念品「天風翠松文錦袱紗」

古来、東洋では、「松」は、常に緑を湛えて、不老長寿の吉祥とされ、風雪に耐え抜く強靭さ故に、節操の高さの象徴とされて来ました。また我国では、お正月の門松や羽衣伝説に見られるように、神の依代として崇められ、親しまれて参りました。

本品、富久紗は、正絹・本金箔・本金糸など最高の素材を駆使し、厳島神社御所蔵の能装束の逸品に想を得て、天風に翠冴えて、光り輝く常磐の松の高潔にして雄渾なる姿を、中国新聞創刊100周年を寿いで、錦上に織り成し、一品一品手縫いにて製作いたしました。御祝いの際の金封包みや、掛袱紗として、あるいは、御鑑賞用として、御自由にお使い下されば幸いです。

 

龍村光峯述

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ