龍村光峯の錦織作品紹介

代表製作記念品一覧

代表製作記念品
秩父小野田株式会社記念品「フェニックス緞子」

秩父小野田株式会社記念品「フェニックス緞子」
秩父小野田株式会社記念品「フェニックス緞子」

不死、再生の象徴としてのフェニックスの伝説は、時空を越え、世界中の至る所で語り継がれている。

キリスト教圏では、鷲に似て、キリストの復活を顕し、古代エジプトでは、太陽神ラーの化身として、鷲の特徴を備えている。北方では、現代の「火の鳥」の元型を象(かたち)づくり、インドを経て南方では、ガルーダ神の姿をとって現れる。

尾長鳥や極楽鳥に近い東洋の鳳凰も恐らくは起源を同じくするのであろう。同じ根をもつことが、異文化間の接触や自然風土によって変様する「所変われば」の代表的な一例である。

日が沈み、闇に消えても、明くる朝は、きらめき輝きながら再び甦るという太陽のイメージが意味の発生源であると考えられている。

現代、地球規模で起りつつある環境汚染や砂漠化の問題を想う時、特に「再生」のイメージは胸に迫るものがある。

 

龍村光峯述

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ