龍村光峯の錦織作品紹介

代表製作記念品一覧

代表製作記念品
日本合成化学工業株式会社記念品「いつつ観世水」

日本合成化学工業株式会社記念品「いつつ観世水」
日本合成化学工業株式会社記念品「いつつ観世水」

五つの小さな川が一つに合って川と成り、さらに広がりつつ河となって、大海へと向う。

途(みち)すがら早春のやわらかな日ざしが溶けてきらめき、或る時は、水面にたゆたひを、またある刻(とき)は水底(みなぞこ)の深微(しんび)を仄(ほの)めかし、限りなく透明でありながら、時の儘(ままに)に変化して行く。

古来日本人が人生の何たるかを学び愛してやまない「流水」は、世を観じ、いつついつつに流れて行く。

 

龍村光峯述

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ