龍村光峯の錦織作品紹介

代表製作記念品一覧

代表製作記念品
京都大学 学位ストール 「博士」「修士」

京都大学 学位ストール 「博士」「修士」
京都大学 学位ストール 「博士」「修士」 京都大学 学位ストール 「博士」「修士」 京都大学 学位ストール 「博士」「修士」

桜と藍と京紫

 

「桜」は、京都市の市の花の一として、また言うまでもなく日本文化の

象徴として国際的にも良く知られ、日本人に最も愛され、親しまれてき

た花である。修士課程の卒業生のためには、京都大学のシンボルカラー

である濃青色のイメージを伝統的な藍色による濃淡に託して、桜の地紋

は、濃紺と中藍色で表し、ロゴは、白か白に近い甕覗で徴した。

博士課程の卒業生のためには、高僧の袈裟である「紫衣」の色として知

られ京都のシンボルカラーである紫色、中でも「京紫」と呼ばれる伝統

色を採用した。これらの我国を代表する伝統色で染め上げられた「絹の

学位ストール」は、修士及び博士課程を修了した学生達の卒業を寿ぎ、

生涯の記念として、その品格を誇るに相応しいと想う。社会での大いな

る活躍を祈りつつ。

                           龍村光峯述

  •  
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ