龍村光峯の錦織作品紹介

代表作一覧

代表作
佐賀市文化会館、緞帳「多布施川の光と風」

佐賀市文化会館、緞帳「多布施川の光と風」
佐賀市文化会館、緞帳「多布施川の光と風」

「やさしい風が、川面を霞めて通り過ぎていく。静かなゆったりとした流れと戯れて、さざ波が立ち、軽やかな旋律が奏でられる。透明な黄金色の陽の光が、風に誘われて、キラキラと波頭に遊び、吸い込まれるような青い空に交錯して、やがて水底深く浸透していく。残響のように、波紋がゆるやかに広がっていく。静かに目立たぬように変化していく砂紋の通奏低音。瀬を早め、謎めき、泡立ち、銀色に輝きながら、急いていく波。千変万化、予測のつかぬ秩序。時が静止し、風が水面を鏡にして、済み切った水底をのぞかせる。幼き日、川の畔、のどかな暖かい光の中に私はいた。時を忘れ、眺め、感じていた。めくるめく光と風と波の交響曲。多布施川。永遠の記憶・・・・・・」作者雑感。

 

龍村光峯述

  • 前の質問へ 
  • 一覧に戻る
このページの先頭へ