Previous
Next

錦の美 龍村光峯の織物美術

故郷に錦を飾る、錦の御旗、錦秋と言うように古くから錦は「美しいもの」の代名詞とされてきました。
私たちは初代龍村平蔵(号・光波)、二代龍村平蔵(号・光翔)、織物美術家龍村光峯、錦織作家龍村周と4代に渡って継承してきた伝統織物の技術をもってその錦の美を目指し、超えるべく、織物のものづくりをする工房です。
光と角度によって千変万化する錦の伝統織物を楽しんでいただけましたら幸いです。