龍村周プロフィール

当代 龍村周(たつむら あまね) 

錦の伝統織物作家、書道・篆刻・陶芸作家。

1974年生まれ、京都府出身。
東京造形大学卒。

創業1894年。
株式会社龍村光峯/代表取締役(2012~)
一般財団法人日本伝統織物研究所/代表理事(2019~)
同志社大学プロジェクト科目嘱託講師(2010~)
歴史文化工学会理事(2015~)
京都市伝統産業「未来の名匠(西陣織)」に認定(2018)
国際日本文化研究センター共同研究員(2021)

「東アジアのMultidisciplinary Scienceとしての本草学の再構成-実物検証を伴う文理融合研究の新展開-」

曽祖父:初代龍村平蔵(号・光波)
祖父:二代龍村平蔵(号・光翔)
父:龍村光峯(織物美術家)

展示会

2007加賀友禅と京都の錦展 フランス・ナンシー
2009光峯の光の織物展 九州国立博物館
2010龍村周展-錦の伝統織物 松栄堂ギャラリー・京都
2011龍村周展-錦の伝統織物 銀座ギャラリーあづま
京都・フィレンツェの伝統を未来につなぐ職人技「時の贈りもの」展に出展 (京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ、GUCCI銀座)
2016龍村周展-箔を織る 福寿園ギャラリー、銀座ギャラリーあづま
錦の美と光-光峯の織物美術展 明治記念館
2017龍村周織物展 燕市産業史料館・新潟 その他多数

シンポジウム・講演

2011「シンポジウム これからの手しごと」に出演
(京都芸術劇場春秋座)
第15回伝統フォーラム「伝統新時代」に出演
(京都新聞社文化ホール)
2013 「錦の美」 プリンストン大学、バークリー音楽大学
2016 「錦の美」外務省「日本ブランド発信事業」の海外派遣に織物の専門家としてインドへ派遣、デリーとバラナシにて講演。
2017 「伝統的先染紋織物の復原事業」ジャパンソサエティーロンドン主催事業。
2019 「錦」~アジアの伝統織物の保存と研究 国立故宮博物院・台湾
その他多数

復元事業

国宝阿須賀神社伝来「赤地牡丹唐草文錦」(室町時代)の復元
日本伝統織物保存研究会

織物文化事業

・織物文化サロン
・機織り体験
・高機を織る体験
・錦織アクセサリー手作り体験

[MORE INFO]
https://www.facebook.com/amane.tatsumura

龍村光峯(たつむら こうほう) 

織物美術家
祖父初代龍村平蔵(号・光波)、父二代龍村平蔵(号・光翔)の後継者として錦の伝統織物を制作。
綜合的復元事業として古代裂の復原をはじめ錦の織物美術作品、緞帳、記念品などを制作。

一般財団法人日本伝統織物研究所前代表理事
http://www.jttf.or.jp

財団法人日本文化藝術財団より日本伝統文化振興賞受賞。
財団法人全国税理士共栄会文化財団より、全税共地域文化賞受賞。
著書に「錦・光を織る」(小学館)、「錦とボロの話(増補版)」(学生社)、「KOHO作品集」(光琳社)

[MORE INFO]
https://www.koho-nishiki.com/history/

 

初代 龍村平蔵(たつむら へいぞう)

(号・光波)1876(明治9)-1962(昭和37)

法隆寺や正倉院の古代裂や70数種にも及ぶ名物裂を復原。

二代 龍村平蔵(たつむら へいぞう)

(謙、号・光翔、)1905(明治38年)-1979(昭和54年)

東京大学文学部美学美術史学科卒。

「四騎獅子狩文錦」「花樹対鹿錦」の復原。
古代裂、名物裂など多くの復元裂を制作、研究。
京都市立美術大学、京都工芸繊維大学講師など
ドキュメンタリー映画「幻の錦」

著書
「錦とボロの話」(学生社)
「織染の美」(毎日新聞社)
「古代裂名品集」(芸艸堂)
「名物裂類集」(京都書院)
「日本のきもの」(中公新書)
他多数

論文
「観当麻曼荼羅」(仏教美術45号)
「大谷探検隊将来の古代錦綾類」(西域文化研究題6)
「茶道と織物」(図説茶道大系)
他多数

〈沿革〉

1894年 初代龍村平蔵(号・光波)(周の曽祖父)織物業を創始。(明治27年)
1905年 龍村謙(二代龍村平蔵、号・光翔)(周の祖父)が初代平蔵の次男として生まれる。(明治38年)
1924年 東京帝室博物館の委嘱により正倉院御物の研究に着手。(大正13年)
1938年 龍村謙を所長として龍村織物美術研究所設立。 謙がパリ万国博覧会、ベルリン世界手工業博覧会で大賞受賞。(昭和13年)
1946年 龍村光峯(本名・順/早稲田大学卒)が二代龍村平蔵の三男として生まれる。
1966年 謙が二代龍村平蔵を襲名。(昭和41年)
1971年 光峯が国際交流基金事業展示課に勤務。
1974年 龍村周(東京造形大学卒)が光峯の長男として生まれる。
1976年 株式会社龍村平蔵織物美術研究所を設立。光峯が代表取締役に就任。
1982年 社名を株式会社龍村光峯に改称。
1994年 日本伝統織物保存研究会を設立、光峯が理事長に就任。
2000年 光峯が財団法人日本文化藝術財団より、日本伝統文化振興賞受賞。
2002年 光峯が財団法人全国税理士共栄会文化財団より、全税共地域文化賞受賞。
2011年 一般財団法人日本伝統織物研究所設立、光峯が代表理事に就任。
2012年 株式会社龍村光峯代表取締役に周が就任。
2018年 京都市伝統産業「未来の名匠(西陣織)」の認定を周が受ける。
2019年 一般財団法人日本伝統織物研究所代表理事に周が就任。

〈錦織代表作品〉

  • 三田会議所(大蔵省お買上)「和の集」
  • 伊勢神宮式年遷宮記念「有職五十鈴川間道」
  • 皇太子妃殿下ご婚礼支度品「雅の松」
  • 東宮御所納入タペストリー「瀬戸のうちうみ」
  • 新日鐵紀尾井ホール「天平の風韻」
  • 東京池袋サンシャイン劇場、緞帳「透潮」・「サンシャイン」
  • 佐賀市文化会館緞帳「多布施川の光と風」
  • 東京都新宿区四谷区民センター緞帳「TAMAGAWAきらめき」
  • 国立京都迎賓館主賓室「暈繝段文」
  • 国立京都迎賓館貴賓室、会談室「水明の間」の襖裂制作及び刺繍など監修
  • 国際交流基金関西国際センター、タペストリー「かわらけ宝鏡文」
  • 株式会社秩父小野田、山手倶楽部タペストリー「フェニックス」「五行~木火土金水~」
  • 熊本県山鹿市八千代座緞帳「山鹿八千代幻想」
  • 九州大学医学部創立百周年、百年講堂緞帳「彩綴海松顕微の図」
  • 新サンケイホールブリーゼ緞帳「晨光」
  • 源氏物語千年紀記念「紫の追憶」
  • TAKEXエントランスホール「亀あそび」
  • 城南宮、個人奉納品「三光旗」
  • 水天宮 個人奉納品「水天光」
  • 個人購入「ヴィエリチカの宝」
  • 燕市産業史料館「スプーン展」出展作品「Designed leaf spoon」
    他多数

〈錦織記念品代表作〉

  • 朝日新聞社百周年記念品「王羊錦」
  • 中国新聞社百周年記念品「天風翠松文錦袱紗」
  • 裏千家御家元お好み裂「祥雲緞子」・「波上銀杏文緞子」
  • 上田宗箇流御家元お好み裂「陰上田桐金襴」
  • 広島市長外遊記念品「千羽鶴金襴」
  • 東急文化村開設記念品「有職五ッ島間道」
  • 国際交流基金記念品「春秋青海波」
  • ライオン株式会社記念品「獅子丸金襴」
  • 秩父小野田株式会社記念品「梧桐鳳凰金襴」・「フェニックス緞子」
  • 日本合成化学工業株式会社記念品「いつつ観世水」
  • 太平洋セメント株式会社記念品「洋々錦」
  • トヨタ自動車ディーラー世界大会記念品「豊穣青海波」織額・テーブルセンター製作
  • ヤマハ発動機株式会社創立五十周年記念品「赤蜻蛉文錦」
  • 新サンケイホール記念品「光彩」
  • 京都大学博士・修士卒業記念品学位ストール「美咲桜花文錦」
  • ヤマハ銀座店オープン記念品「八音文錦」
  • 仁和寺と御室派のみほとけ展(東京国立博物館)ギャラリーグッズ「御衣黄文錦」

〈展覧会〉

1986年 京都市六角会館にて「織る光へ 龍村光峯展」を開催
2000年 フィンランド・ラハティ美術館 第23回日本文化デザイン会議2000京都の関連イベントとして、京都文化博物館に於いて帰朝展を開催
2003年 ポーランド・クラカウ市国立博物館所属日本美術センター ハンガリー・ブタペスト市国立応用美術館
2004年 イタリア・ローマ日本文化会館 フランス・パリ日本文化会館
2007年 芦屋市立美術博物館にて「錦の美ー光峯の織物美術展」開催 致道博物館にて「光峯の織物美術展ー錦の美ー」開催 奈良国立博物館地下回廊にて「光峯の織物美術展ー錦の美ー」開催
2008年 谷崎潤一郎記念館にて「織の芸術 光峯 錦の美展」開催 フランス・ナンシー市にて「加賀友禅と京都の錦展」開催
2009年 九州国立博物館にて「光の織物-光峯の織物美術-」を開催
2016年 明治記念館にて「錦の美と光-光峯の織物美術展」開催
2017年 燕市産業史料館にて「龍村周織物展」を開催